2007年03月20日

波束モデル_(4)

前回は、時間発展であるψ(x,t)を考えて、波束を調べると形はGauss分布のままであることが分かりました。
ただし、その平均値と標準偏差はψ(x,0)とは変化していることも分かりましたね。この変化の具合を考えましょう。

まず、平均値ですが x→x-αt なので、平均値がαtになっています。
α=(∂ω/∂k)|k=k0 なのですが、vg=∂ω/∂k で群速度と言います。
これは普通波束の中心の速度と同じで、v0=p/m と同じです。(波束の形がそのままで動いていく速度が群速度です。)
つまり、

α=p/m

ということです。

ここで、標準偏差の話に移るのですが、その前に位相速度について触れます。
群速度以外に波には、波束を構成している調和波 exp{i(kx-ωt)} の速度 vp=ω/k というものが考えられます。これを位相速度と言います。
ややこしいのでまとめて書くと、

群速度  vg=∂ω/∂k 
位相速度 vp=ω/k

となります。
さて、

σ'=σ√[1+{β2/(2σ2)}2t2]

なので、β=(∂2ω/∂k2)|k=k0 がゼロ、つまり β=0 なら、σ'=σ で時間で変化しなくて波束の形が変わらないことになります。
これは ω=ck (c : 定数)という条件のときに成立します。ここで、

E=p2/(2m)=(h~k)2/(2m)={h~2/(2m)}k2 ; E=h~ω

から、 ω={h~/(2m)}k2 なので、ω=ck (c : 定数)という条件が成立しません。

vg=∂ω/∂k=(h~/m)k ; β=∂2ω/∂k2=h~/m≠0

ということで、

⊿x=σ√[1+{(h~/m)2/(2σ2)}2t2]=σ√[1+{(h~t)/(2mσ2)}2]

と、時間とともに広がっていくことが分かりますね。
この波束モデルから不確定性関係が出てくるので、波束を用いて電子そのものの運動を記述できるのではないかと期待されたこともありましたが、波束の形が時間とともにすぐ崩れてしまうことから断念されたとのことです。

ここまでの議論の参考図書

「量子力学」(加藤正昭著、産業図書:物理学の回廊)
「電子物性概論_量子論の基礎」(阿部正紀著、培風館:電子・情報工学講座7)

(考察は参考にしましたが、計算はオリジナルです。)
ラベル:物理
posted by T_NAKA at 00:17| Comment(0) | TrackBack(3) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

ヒルベルト空間かぁ。。
Excerpt: EMANさんの掲示板でヒルベルト空間のことが話題になっていますね。 量子力学には苦手意識があるので、どうもよく分からんというところです。 離散固有値の場合は何となくイメージできます。『電子物性論_量子..
Weblog: T_NAKAの阿房ブログ
Tracked: 2007-09-05 00:15

群速度について
Excerpt: 「フェルマーの原理の物質波への応用」の最後で、ニュートンの運動方程式が出てきて、物質波は光線の場合とは違い、軌道は単なる幾何学的曲線ではなく、その上を物体が有限の速さで移動してることになります。この物..
Weblog: T_NAKAの阿房ブログ
Tracked: 2008-08-17 01:19

連続固有値というのは問題だよね。。
Excerpt: この話は、清水明「新版 量子論の基礎」(サイエンス社) に書いてあったんですが、もう一度おさらいです。
Weblog: T_NAKAの阿房ブログ
Tracked: 2013-06-28 13:16